読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使う力

使う力 知識とスキルを結果につなげる (PHPビジネス新書)使う力 知識とスキルを結果につなげる (PHPビジネス新書)
御立 尚資

PHP研究所 2006-04
売り上げランキング : 50542
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なんか、ホントにこの本に関しては「やっと読めた」感が強いよ(^^; 基本家にいるんで出歩かなくなって、今まで電車内とかが読書タイムだったのがなくなると、読むペースが落ちる落ちる。小説なんかだったらまだそれでもいいんだけど、実用書系はそれじゃあぜんぜん頭に入らない。一応3色ボールペンつかって読んでるけど、これじゃ意味ない。
 つーことで今後は実用書は腰をすえて読むことにします。
 さて
 「使う力」はサブタイトルに「知識とスキルを結果につなげる」とあります。そもそも出ているのがPHPビジネス新書からなんで、当然ここで扱われているのはビジネスマン、それもリーダーを目指す人を対象に書かれています。「おめーに関係ねーじゃん」と思われるかもしれませんが、個人事業主と考えれば、いやおうなくわたしがトップに立って仕事をしなければならないわけで。
 わたしの場合、情報収集もなかなか手間取るんですが、一人でやってるとこれまで考えもしなかったようなことに出くわし、「ああ、それもいるなあ」と思うことがあります。例えばプレゼンテーション力。企画立案し、そのプロジェクトを承認してもらう。これはわたしの場合、新作のアイディアを思いつき、書こうという場合に担当者に出すプロットなどを製作し、それを説明することがこれにあたるでしょう。集めた情報を作品に反映させるときも、この作品にはどんな情報が必要で、それにはどの情報が使えるかきちんと整理できているかということも、いわゆるビジネススキルがそのまま使える場面だと思います。
 しかし反対に基本的にはプロジェクトチームを組んで多人数でする仕事ではないので、コミュニケーション力というのは、最低限あれば何とかなるかなと。まったく他の人と関わらないわけでもないんである程度な必要ですけど。
 あとこの本を読んで「ほお」と思ったのが「仕事を楽しめ」と書いている点。たいていこの手のビジネス書は何々の仕方、とか心構えとかは書いてあっても、「楽しめ」とは書いていない気がするんですが、違ったかな?(^^;