読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありえない

others

 昨日、わたしの携帯(PHS)にメールが届きました。相手は最近Twitterで知り合い、今月になって2度ほどOFF会でお会いした方。
 正直、わたしは携帯メールっていうのはほとんど使わないんで、何だろうと思ったら、明日、昼からでも会わないかというお誘いのメールでした。少々急な話だなあと思わないでもなかったんですが、こちらは時間は比較的自由になる身なんで、いいですよと返事をし、じゃあ今日の午後に大阪で、ということで、本日行ってきました。
 わたしはまあOFF会じゃないにしても、ちょっと駄弁るくらいのつもりで行ったら、いきなり新阪急ホテル1階の喫茶店に連れて行かれ、「仕事を依頼したい」と切り出されたんです。
 ご存知の方はご存知でしょうけど、わたしは今、非常に収入が少ない状況が続いています。そんな状況なので、いい話であれば仕事を紹介して貰えるのは願ってもない話ということもあり、少し話を聞くことにしたのですが、これがそもそもの間違いでした。
「詳しい話をして貰うから」と言ってもう一人、この方はOFF会で一度お会いしたことがあったのですが、二人が繋がっているということは、わたしはまったく知らなかったのですが、その人と二人で5時間くらい、延々とその「ビジネス」の話を聞かされる羽目になってしまったのです。
 前に書いたように、わたしは遊び+α程度のつもりで出かけたのに、相手は二人がかりで、何冊ものファイルやパンフレットを用意し、一方的にまくし立てられて、挙げ句に「強引じゃない」はないでしょう。
 特にこの二人やその勧めてきたビジネスを攻撃しようという意図はありませんので、具体名を出すのは避けます。ただ帰り際の喫茶店代の精算時の対応を見て、「ああ、この人はビジネスマンとして残念な人なんだ」ということがわかりました。ホント、あり得ないことをしたんですよ。何をしたのかまでは書きませんが。
 しばらくブログを書いてなかったのに、今回は怒りが収まらなかったので書き散らかしてしまいました。読んで気分を悪くされた方には申し訳ありません。