読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1年

 あの日から1年が経ちました。いろいろ思うところはありますし、皆さんもいろいろと考えられたと思います。
 1年前のあの日、わたしは第一報を嫁からの電話で受け取りました。普段、昼間に滅多に電話などしてこない嫁が「何もなかった?」的なことを聞いてきたのですが、わたしは当時は娘(当時はまだ生後3ヶ月ほど)に手を取られていたので、と素っ気なく返してしまい、あとで地震のことを知りました。
 その晩、わたしはTwitterに張り付いてました。次々と流れてくる行方不明、避難先、交通機関の運行状況などの情報。わたしはそれらの中の有効と思えるツイートを公式RTしていました。それくらいしか遠い西日本の地でできることはないように思えました。また一方で阪神大震災を経験した身からいうと、インターネットを取り巻く状況が当時と今ではどれだけ違うのかということも痛感しました。
 それから1年。
 まだ1年。もう1年。それは人それぞれだとは思いますが、忘れてはいけないことだということは言えると思います。
 合掌。