読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで
謎解きはディナーのあとで東川 篤哉

小学館 2010-09-02
売り上げランキング : 376


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ずいぶん久しぶりのミステリですが、この本は短編集です。フジテレビ系列でドラマ化されたのでご存じの方も多いと思いますが、わたしはドラマは見ずに(そもそもドラマ自体、ほとんど見ないんで)本だけ読みました。
 ミステリとしては少々様式が珍しい形ではないでしょうか。基本形式は、まず事件が起こる。ついで主人公(?)の普段は大財閥令嬢ということを隠している女性刑事とその上司が捜査をし、情報を集めるが事件は謎のまま。そしてプライベートな時間に使用人である執事(毒舌)に事件の詳細を話すと(しかしこの主人公、守秘義務という言葉を知らんのか(^^;)その執事がいともたやすく解決してしまう。と、だいたいにしてこのパターン。
 読みやすいことは読みやすいのですが、全体に薄っぺらい印象がつきまといます。どっかの書評でミステリのラノベと書かれていたのを見かけましたが、言い得て妙かと。軽い読み物が欲しいときにはいいかもしれません。あと、この形式だとどうしてもパターン化してしまうので、現在2巻が出ているようですが、その辺でやめといた方がいいと思うんですよね。パターンを崩して、長編を出してくるなら面白いと思うんですが。