読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクその後

 あれから一庫ダムに行ったり、神戸のほうまで走ったり、箕面大滝から勝尾寺に行ったりしたんですが、その勝尾寺からの帰りに下りで派手にこけまして、一度わたしもバイクもケガをしてまともには走れない状況になりました。それが4月の11日。

connect.garmin.com

 こけたのは本当に一瞬の出来事でした。箕面大滝から山を下っているとき、後ろから車が来たような気がしたので左に寄ったところ、そこは路肩が一段低くなっていて、そこに落ち、なおかつ路肩には雨で濡れた落ち葉がいっぱいあったので、それで滑ったのでしょう。あ! と思った次の瞬間には道路に転がっていました。ジャージは大穴が開き、右膝も擦りむいているようでした。自転車は左のブレーキレバーの根元に破損があるものの、とりあえず走ることはできたので乗って帰ることができましたが、フロントブレーキをかけると規則的に音がするので、ホイールあたりに傷があるのでしょう。
 帰ってジャージを脱いでみると、膝が思ったよりひどい状態で、絆創膏でどうにかなるレベルではなかったので、流水で傷をまとめて洗ったあと、膝はガーゼ状のもので保護しましたが、しばらく自転車には乗れませんでした(^^;)
 こけたときにヘルメットも発泡スチロール部分が割れていたので、おそらく路面に打ちつけたのでしょう。手のひらも擦りむいてましたが、グローブをしていたのでたいしたことにはならないで済みました。やっぱりきっちりしておくことは大事なんですね。
 他はともかく、ヘルメットは新しい物を買いにいかないと走れないので、少し膝の状態がよくなってから梅田のウエムラパーツにまで買いにいきました。
 それからやっと自転車を修理に出して、左のブレーキレバーは結局全交換が必要、なおかつフロントホイールの傷はリムにかなり深く傷が入っているので、がんばってやすれば直らないこともないが、それより新しい方を買ったほうが何かといいだろうということでフロントホイールもタイヤごと交換となり、最終的に全部直ったのがGW開けの5月19日。この引き取りの時、店長に時間を取ってもらってタイヤやチューブの交換の特訓を受けてきました。以前に一度、友人に教えてもらいながらやったことはあるんですが、それから1年ほど、まったくやっていなかったので改めて数回、付けたり外したりを繰り返し教えてもらいました。後日、自宅で新しいタイヤに前後を履き替えたのですが、なんとか一人でできました(^^)
 で、自転車が帰ってきて間もない5月26日。潮芦屋浜まで以降と2号線を走っているとき、道路工事を避けようとしてまたしても転倒。この時はさいわい勝尾寺からの帰りほどひどい状況にはならなかったのですが、それでも左側のバーテープが派手に破れてしまい、左膝もすりむいたのでしかたなく帰り、28日にまたしてもショップでバーテープを交換してもらいました。この時念のため点検もしていただいたのですが、ブレーキ、変速機とも問題なしということだったので、一安心(^_^;
 6月8日に勝尾寺リベンジに行こうと思っているのですが、それまでに左膝が治るかどうか……。歩くぐらいは平気なんで、たぶん大丈夫だとは思うんですけどねえ。